珈琲の町

 なぜ、津山が珈琲の町なのか。
津山の蘭学者である宇田川榕菴(うだがわ ようあん)先生が江戸時代にコーヒーという字が日本に無かったため「珈琲」と言う漢字を考案しました。珈琲の漢字が生まれた町として津山が珈琲の町となったのです。

焙煎教室

定期的に焙煎教室を開催しています。
初級コースでは焙煎って何?を知り自分好みのコーヒーを見つけてもらいます。
上級コースでは、業務用の焙煎を使って本格的な焙煎を学びます。

珈琲メンバーズ

自宅用コーヒーを自分で焙煎したり、珈琲教室に割引き優先的に参加することができます。
珈琲好きな方のためのメンバーシップです。