50過ぎたらみんな蕎麦打ち

今日は父の日です。
50歳過ぎたら何か趣味を持ちたいものです。
定年後の人生も長いので有限な時間を有効に使いたいものです。

私たちが提案するのは、50過ぎたら「みんな蕎麦打ち」です。

なぜ、蕎麦打ちなのか。

最初に思いつくのは、家族に自分の打った蕎麦をふるまうことができます。
趣味はとかく家族から嫌われがちですが、蕎麦打ちは違います。
また食べたいと言ってくれるかもしれません。

次に、成長を楽しむことができます。
最初は難しく感じるかもしれませんが、2度目3度目と自分の成長を感じることができます。

蕎麦は、捏ねて、延ばして、切る。

です。最初は普段包丁を使っていないと切るのが難しいと感がるでしょうか。実は、他の方が難しいと気づきます。そうやって、自分の蕎麦打ちの技術の成長を感じることができるのです。

もう一つは、みんなで楽しみながらできることです。一人で自宅でできないこともないですが、一緒に成長し、一緒に悩み、そして一緒に楽しむことができます。

定年したら何もすることが無いと感じたら、一緒に蕎麦打ちしましょう。
津山で毎月定例で蕎麦打ちのレクチャーをやります。

人数が集まればスタートします。

蕎麦打ち

こちらでも津山の情報発信してます。
是非購読下さい。

今すぐ