高校生アイデア

空き家を利活用して津山を元気に!

高校生が社会に向けて表現

「みんなの庭プロジェクト」

二年前から高校生を対象に様々なワークショップ(起業・未来会議など)を開催してきました。その中で津山市の社会課題として高校卒業後、県外への就職・進学で人口が激減する「18歳の谷」人口の流出が見えてきました。

これは決して悪いことではありません。多くのことを経験することは良いことだと思っています。

その前に津山のことを知らない、もっと知ってほしいとも思っています。

両親や先生以外の大人との関わりが少なく地域で活躍する大人たちとの交流の機会がありません。ましてや、地元の企業のことを知らないのではないでしょう。

地域への関心が少なく、学校という枠組のなかでしか表現できず、地域社会では表現の場がないことも原因の一つと考えています。

そこで、ひととば津山では高校生と地域をつなぐ場として高校生が社会に向けて表現するための「みんなの庭プロジェクト」をします。

壁を使ったアート表現

インスタ映えする壁を通学路に
インスタ映えする壁アート

令和3年2月  イベント参加者募集
3月  アートワークショップ
4月  表現のワーク1  
5月  表現のワーク2  
6月  カベをアートで表現

ひととば津山の道路側壁面をアート表現し、市内高校生と地域の大人がアートを通じて交流の場となるようにします。

この輪を津山の町中に広げることを目指しています。

学校関係者や地域でまちづくりを行っている方にも橋梁を頂いています。
既に交流のある高校生を通じ高校生にも広めて頂いています。

興味を持ってくれた高校生に参加してもらいます。

参加者を対象に、アーティストを招いて講演をして頂きその後も、ワークを重ねて高校生がコロナ禍で感じている思いや、気持ちをカベに書くことで表現しませんか。

「インスタ映えするアート」を壁に描き、地域の方々が笑顔になれば嬉しいです。

コロナ禍で楽しいことが制限されている社会の中で、アイデアを出すところから始め壁に表現するまでを楽しんでもらう。

楽しむことが一番です。

家族や親せき、学校の先生以外の大人と交流のを持ち、表現すること、伝えること、を学び地域との関りを持つ機会となり完成アウトプットとしてお披露目の場として地域の大人たちとの交流をします。

高校生運営チームも募集します。

高校生庭プロジェクト募集

あなたの力募集

ひととば津山とは

昭和2年の古民家をリノベーションしてシェアオフィスとイベントホールを運営しています。
高校生や女性が活躍する場を提供して人と人が笑顔で繋がる場を目的として設立しました。